カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

相棒のポット  2/24 Sun.

 

このティーポット・・・もう10年近く前、

自由が丘を歩いている時にふとお店のガラス越しに見え

思わず買ったものなのです。

今はもうないWASALABYという作家物の器やカトラリー

を扱っていたお店でした。

陶芸家吉田直嗣さんのポットです。

鉄を思わせる黒い肌の質感や無駄のない形の美しさ・・・

用の美というのでしょうか。

10年も経つと表面の所々に鉄釉独特のさびた色が出てきて

いい風合いです。 

これでいつも煎茶や紅茶をいただくんですが、

10回に、いや5回に一回くらい、お茶を飲みながら

ポットを手に取りさすり、じっと眺めその質感を楽しみます。

他に吉田さんの小皿やぽっこり丸い器も持ってます。

またそれは今度ね〜。

ページトップへ