カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

バルテュス展最終日 6/22 Sun.

行ってきました、東京都美術館。 ぎりぎり最終日。

バルテュス・・・美しい節子夫人の存在はずっと知っていたの

ですが作品はじっくり観たことがなかったのでいい機会でした。

 

上野の目にも鮮やかな瑞々しい緑の公園を抜け

 

いざ会場へ。

自然の光をとても大切にし、人工の明かりの中では決して絵を

描かなかったというバルテュス。  没後13年。

会場の仄暗さにも納得してゆっくり一巡し、出口に来るとまた初

めから観たくなる、そんな思い入れの詰まった素晴らしい展示で

した。 一枚の絵の前でじーっと長い時間佇む人が多かったのも

うなずけます。

作品の中の少女たちの独特な脚の表情。 勝新太郎との交友。

たくさんの映像や道具などの展示もリアリティがあり迫力を感じ

ました。

ここから数分の東京藝術大学大学美術館の法隆寺展にも足を

伸ばして1400年前の彫刻や絵など観て圧倒されました。

副題として 「祈りとかたち − 東日本大震災復興祈念 新潟

中越地震復興10年」 とあります。

帰途、大道芸のお兄さんも。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント: