カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

佐々木龍彦×阿藤雅恵 りゅうのガラスと布花展  6/9 Mon.

ガラス作家の佐々木龍彦さんとキゼットでもご紹介している

布花作家阿藤雅恵さんのコラボ展が銀座煉瓦画廊で今日

から始まった。

ご案内をいただいていてからずっと楽しみにしていた。

久しぶりにお会いする阿藤雅恵さんは変わらずとても可憐な

女性なのに精力的に大作を仕上げる情熱とパワーの持ち主だ。

 

この独特のニュアンスのある色合い・・・選ばれた布地は絶妙に

調合された染料で染められ、花弁は一枚一枚型紙から起こし、

熱々のコテを使って微妙なカーブを作っていく。

もうこれは阿藤先生のさじ加減ひとつなのです。

 

今回はさまざまな着物の生地もふんだんに使って作られた

そうです。

 

一番素敵だと思ったのは肩まで垂れる髪飾り。

ウェディングシーンにぴったりなアイテムです。

壁面に葡萄のつる!!

 

大好きな秋色あじさい。

そして、こちら佐々木龍彦さんの作品群。

 

 

なんとも涼しげなハーモニー。よく見ると一つ一つ表情が違う!

 

ガレと同じ手法を勉強されて陰影のある牡丹やバラ、アジサイ

の絵柄がほどこされたガラスのお抹茶茶椀!! 

とても新鮮です。

特にこの牡丹のお茶碗、欲しかったー。

右のお菓子は実はペーパーウェイト。 おいしそう〜。

 

佐々木さんの花器にあしらわれた阿藤さんの布花・・・。

素敵なコンビネーションでした。

画像では実際のお色味、ガラスのつやなども忠実に出ないので

ぜひとも足を運んでご覧になられてはいかがでしょうか。

いづれも購入可能で展示会は15日までです。

梅雨の長雨の毎日、ふっと爽やかな一陣の風に吹かれたような

ひとときでした。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ