カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

フランスアンティーク 穏やかな微笑みの刻印のテートジュモーC M9号 1891年 52cm

以下、長くなりますがお読みくださいませ。
とても珍しい刻印のTETE JUMEAU、クローズドマウスになります。
1800年代後半、ジュモー社はプリミエール、ポートレイト、トリステ、EJA、EJ、DEPOSE EJ、DEPODE JUMEAU、そしてDEPOSE TETE JUMEAU と立て続けに製作を続け、人気を博し過度期にあったTETE JUMEAUの次のステップをいろいろと画策していました。
その一つとしてアイが上下だけでなく左右に動くものを考案し図面を引き1891年にパテントの登録までしました。
しかしながらその複雑な機能は実現せずほとんどが固定アイにされ、よくある赤スタンプのジュモーではなくincisedされたジュモーとして売り出されました。
ジュモーブックにも詳しく説明がされています。
それがこの子の歴史です。
後頭部には逆Tの字に穴が開けられ、刻印で「TETE JUMEAU BTE SDGD 9」と刻まれています。
逆Tの字の向かって左の横棒すぐのところに2cm位の薄いラインが見られます。
あまりに薄いので肉眼では気が付かずライティングでうっすら浮かび上がるくらい、ダメージいうほどのものではないと思います。
ヘッド内部は汚れもありますが、セットアイの石膏の隙間に放射線状に引っかき傷のような線が見られます。ボディはゴム引きは適度で、リペイントがあり経年の擦れやペイントのはがれなど見られますが、両手足の指は揃っていてまずまずの状態です。
そんな歴史を背負ったこの子を可愛がってくださる方がいらっしゃいましたらよろしくお願いします。
レースのボネはアンティーク、シルクドレスやペチコート、ペイトはヴィンテージ、モヘアウィッグ、ソックス、革シューズは現代のものです。
画像をよくご覧になり気になられるところはどうぞお尋ねくださいませ。
サイズ 体長52cm

フランスアンティーク 穏やかな微笑みの刻印のテートジュモーC M9号 1891年 52cm

価格:

360,000円 (税込)

購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ




















ピアスホールのチップもありません。







放射線状の線は目安で付けた線と思われ表には響いていません。





うっすら2cm位のラインがあります。























ページトップへ